TRGS トラベルグッズ

TCATチェックインは昔話!!今はただのバスターミナル

 先日、東京駅の近くから成田空港まで行く機会がありまして。ただLCCに乗るだけだったので、それなら安くいける方法がないかルート検索してみると、TCATからのバスが表示されたので懐かしくなって少し記事を書いてみます。

TCATは航空会社カウンターがあって搭乗手続きができた

これは相当昔の感覚がしますが、かつては東京シティエアターミナル、箱崎のエアターミナルなどと読んでいたものです。

 今は1階にショールームやコンビニなどのテナントが入っていますが、航空会社のカウンターが並んでいて、空港のような雰囲気がありました。

 航空会社のカウンターでは、チェックインの登場手続きや手荷物預けのサービスがあったので、空港行きのバスに乗る際にチェックインが完了していれば、問題なく成田に着いて飛行機に乗ることができました。

 かつては出国審査が受けられていたのですが、それも昔の話。大変便利な時代があったわけです。

2002年に搭乗手続きなどは終了

 すごく便利なTCATでしたが、2002年にその機能のほとんどが終了してしまいます。航空会社や出国審査などのいわゆる空港の出先機関の役割は終了しました。

 原因は、アメリカの同時多発テロ。審査の厳格化とテロ対策に本格化にともない、出国審査は空港で実施すると厳しい規則になってしまったためで、残念ながらそれ以後もTCATでチェックインができる、という話は効いたことがりません。

 おそらく今後も、継続してしまうのではないかと思います。TCATだけでなく、YCAT、OCATなどの各地にあるシティエアターミナルも現在はどこもチェックイン手続きはおろか、航空会社のカウンターすら見ることはありません。

 昔はよかった、と思う一つの例ですね。

現在は空港行きバスターミナル

 現在のTCATですが、残念ながらただのバスターミナルです。成田空港や羽田空港行きのバスが発着しているだけ。外国人の観光客はなぜか、東京駅や新宿駅行きのバスに乗らずにTCATに行く方をよく見ます。

 海外のガイドブックがどうなっているのか知りたいところですが、先日も夜の成田行きのバスが1,000円なので、半蔵門線水天宮前駅で早めに行こうと思っていたら、「ハゥトゥゲットゥトウキョーステーション?」などとアジア系の方に話しかけられました。

 正直、水天宮前駅から東京駅まで東京メトロで行くのは大変だと思いましたが、地図と乗り換えを案内しておきました。東京駅直通のバスもあるのに、なぜTCAT?とは思いましたが。

 そんなTCATですが、利用するメリットはほぼなし。料金も夜の時間帯で成田空港まで片道1000円のバスもありますが、東京駅の南口からも出ているので、はっきりいって料金同じなら東京駅から行く方がほとんどだと思います。

 各階にテナントが入っていたり、100円ショップやコンビニもあったりしますが、正直いまのTCATを利用しようという方は少数かもしれませんね。

 YCATやOCATのような全国各地を結ぶ高速バスや夜行バスが発着するなら利用価値はあるのかもしれませんが…。ちなみに大阪難波のOCATは西日本の各地を結ぶ夜行バスが多く発着するので、かなり便利です。

 以上、TCATの現状とチェックインは昔話だというお話をまとめてみました。